平成27年度 科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)
千葉大学 東邦大学 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
  1. HOME>
  2. 活動実績>
  3. 平成27年度 活動実績>
  4. 平成27年11月11日
活動実績

平成27年11月11日
ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム調印式並びに、
キックオフシンポジウム開催

平成27年11月11日、千葉大学は、東邦大学、国立研究開発法人放射線医学総合研究所と、連携協力に関する協定を締結しました。

千葉大学けやき会館にて行われた調印式には、千葉大学から、徳久剛史学長、東邦大学から、山﨑純一学長、放射線医学総合研究所から、米倉義晴理事長をはじめ、各機関の関係者が出席し、終始和やかな雰囲気の中で、協定書へサインいたしました。
また本事業での取り組みの成果を、千葉県内及び近隣の研究機関等へ波及するため、「ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム」を設立。本協定では、コンソーシアムの活動を通じて、三機関が連携協力し、多様な立場や経験をもつ人材が活躍できるダイバーシティ研究環境の実現とその環境を千葉県内及び近隣の研究機関等へ波及させることを目指しております。

調印式の後には、同会館 大ホールにて、「ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム」キックオフシンポジウムが開催されました。
シンポジウムでは、開会挨拶に続き、文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 近藤 潤 課長補佐の来賓挨拶、国立研究開発法人 情報通信研究機構 監事で、日本学術会議 第三部副部長・科学者委員会幹事・男女共同参画分科会委員 副委員長としてもご活躍の土井 美和子 氏 を講師にお迎えし、科学技術分野における男女共同参画の推進の現状と課題について、ご自身のご経験を交えて御講演いただきました。
シンポジウムには各機関の教職員及び大学院生等、120人を超える参加者があり、本コンソーシアムへの関心の高さがうかがえました。

本シンポジウムの様子を録画したDVDの貸出を開始いたしました(学内関係者のみ)。
貸出しは、学内関係者のみとなります。
ご希望の方は、貸出申込書word の内容を確認し、必要事項ご記入の上、メールか学内便にて下記問合せ先までご送付願います。

プログラム

●開会挨拶 千葉大学 学長 徳久剛史
東邦大学 学長 山﨑純一
放射線医学総合研究所 理事長 米倉義晴
千葉大学 学長 徳久剛史

▲ 開会挨拶 徳久学長

東邦大学 学長 山﨑純一

▲ 開会挨拶 山﨑学長

放射線医学総合研究所 理事長 米倉義晴

▲ 開会挨拶 米倉理事長

●来賓挨拶 文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 課長補佐 近藤潤氏
文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 課長補佐 近藤潤氏

▲ 来賓挨拶 近藤潤氏

●基調講演 国立研究開発法人 情報通信研究機構 監事/日本学術会議 第三部副部長・科学者委員会幹事・男女共同参画分科会委員 副委員長 土井美和子
日本学術会議 第三部副部長・科学者委員会幹事・男女共同参画分科会委員 副委員長 土井美和子

▲ 基調講演 土井美和子氏

●取組紹介 ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアムの発展に向けて副理事(男女共同参画)・ダイバーシティ推進部門長 森恵美
ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアムの発展に向けて副理事(男女共同参画)・ダイバーシティ推進部門長 森恵美

▲ 取組紹介 森副理事

●研究紹介 千葉大学大学院 理学研究科 准教授 沼子千弥
東邦大学 医学部産婦人科学講座 准教授 片桐由起子
放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター規制科学研究プログラム
サブリーダー 神田玲子
千葉大学大学院 理学研究科 准教授 沼子千弥

▲ 研究発表 千葉大 沼子准教授

東邦大学 医学部産婦人科学講座 准教授 片桐由起子

▲ 研究発表 東邦大 片桐准教授

放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター規制科学研究プログラム サブリーダー 神田玲子

▲ 研究発表 放医研 神田サブリーダー

●質疑応答
●閉会挨拶 千葉大学 理事 安村勉
千葉大学 理事 安村勉

▲ 閉会挨拶 安村理事

申請書送付・問い合わせ先
千葉大学 運営基盤機構 ダイバーシティ推進部門
TEL&FAX 043-290-2020(内線4043)
E-mail : diversity-office(ここにアットマーク)chiba-u.jp