メニューを飛ばして本文へ
Menu

本部門について

ダイバーシティ推進部門について

千葉大学のダイバーシティ推進部門は、教職員の研究・教育・事務などの職務と、育児・介護などの両立を支援するために発足した組織です。(平成27年4月1日より「両立支援部門」と「理系女性教員キャリア支援部門」を統合し、『ダイバーシティ推進部門』となりました。)
教職員が相互に助け合えるような職場環境を作るためには、職務と個人の生活の両立(ワーク・ライフ・バランス:Work-Life-Balance)がより良い仕事につながるという共通認識が必要です。
仕事が年齢や職位によって変化するのと同様に、結婚、育児、介護などのいわゆるライフイベントもそれに必要なサポートも変化していきます。
ダイバーシティ推進部門では、教職員の仕事・研究と家庭生活の両立を支援するための施策策定及び推進のための取り組みを行っています。