メニューを飛ばして本文へ
Menu

取り組み内容

育児に関する支援:各種制度

ベージ内メニュー

ダイバーシティ推進部門では、本学学生及び教職員のワーク・ライフ・バランスのために、以下の支援を行っています。
以下の詳細については、それぞれ学内向けホームページから確認できます。

育児関連の勤務体制・制度

休業等に関する提出書類様式

研究支援要員配置制度

本学に勤務する育児や介護負担のある研究者のワーク・ライフ・バランスと研究活動を支援するために、希望者に研究支援要員を配置しています。研究支援要員は、実験補助、調査研究補助等の研究に関わる業務を担当します。

令和2年度 「研究支援要員配置制度」利用募集のお知らせ


育児支援(割引券交付)

就労のためにお子さまを保育できない場合に、ベビーシッターによる在宅保育を利用した場合の利用料を一部補助する割引券(全国ベビーシッター協会発行)を交付します。
利用には、事前の登録が必要です。
登録がお済みでない方はこちら(「ベビーシッター利用料補助制度(育児・病後児保育支援)」登録者募集のお知らせ )

<対象となる子の年齢>0歳から小学校3年生(障害者手帳等を有する場合は小学校6年生まで)
<利用対象者>(1)千葉大学に雇用され、本学の社会保険に加入している方。短時間医員の方も対象です。(学部生・大学院生は利用対象外)
(2)配偶者が就労、病気療養、求職活動、就学、職業訓練等を行っている方。またはひとり親家庭の方。

病後児保育支援

本学に勤務する教職員を対象として、お子さまが病気や怪我の回復期で、保育園や小学校に登園・登校させることが困難な場合にベビーシッターによる在宅保育を、4時間以上利用した際の利用料金の一部を割引・補助します。※育児支援(割引券交付)と併用できます。

利用には、事前の登録が必要です。
登録がお済みでない方はこちら(「ベビーシッター利用料補助制度(育児・病後児保育支援)」登録者募集のお知らせ )

<対象となる子の年齢>生後6ヶ月に達する日から小学校第6学年の終期を経過するまで
<利用対象者>千葉大学に雇用され、本学の社会保険に加入している方。短時間医員の方も対象です。(学部生・大学院生は利用対象外)

妊娠中の女性を支援する制度

本学に勤務する妊娠中の女性は、常勤・非常勤、勤続年数に関わらず、どなたでも以下の制度・施設を利用することができます。 利用にあたっては、事前に職場の上司にご相談ください。
なお、妊娠中の働き方等でお困りのことがあれば、ダイバーシティ推進部門へご相談ください。
制度に関するポスターはこちら



(1)勤務時間内でも健康診査及び保険指導を受けに行くことができます。
妊娠満23週までは4週間に1回、妊娠満24週から満35週までは2週間に1回、妊娠満36週から出産までは1週間に1回、産後1年まではその間に1回、勤務時間内でも、健康診査等のために承認を得た時間について、職務専念義務が免除されます。(人事院規則)
(2)ラッシュアワーを避けて通勤することができます。
交通機関の混雑による苦痛は、つわりの悪化や、流・早産等につながるおそれがあります。医師等から指導を受けた場合は、承認を得て、ラッシュアワーの混雑を避けて通勤することができます。(人事院規則)
(3)仕事中つらい場合は、勤務の軽減等ができます。
妊娠中の健康状態には個人差があります。妊娠中の症状について医師等から指導を受けた場合は、承認を得て、業務の軽減や必要な時間勤務しないことができます。(人事院規則)
(4)女性専用休憩室をご利用いただけます。
西千葉キャンバス本部共通棟2階ダイバーシティ推進部門には、「女性専用休憩室」があります。
平日9時から17時まで女性職員が受け付けますので、気兼ねなく身体を休めていただけます。

育児・不妊治療を支援する制度

本学の両立支援の一環として、「育児短時間勤務制度」、「育児部分休業」、「不妊治療にかかる休暇」があります。
本制度の利用などについては、各所属部局担当者までお問い合わせください。

なお、勤務制度全般については、学内向けホームページの企画総務部人事課・職員課ページにある

に紹介がありますのでご確認ください。

学内施設(保育園・ベビーシート設置等)

学内保育園のご案内や、マタニティーコーナー、ベビーシートが設置されているトイレ等の学内施設の詳細情報はこちらのページをご覧ください。